2011年12月26日月曜日

ふりむかないで



72番まで歌詞が作られレコーディングされた。

作曲:小林亜星
作詞:池田友彦

泣いているのか 笑っているのか
うしろ姿の すてきなあなた
ついてゆきたい あなたのあとを
ふりむかないで 東京の人

ポプラ並木に ちらつく雪が
あなたの足を いそがせるのか
しばれる道が 気にかかるのか
待って欲しいな 札幌の人

たなばた祭りの 一番町で
ふとゆきあって 目と目があった
ゆかた姿の すてきなあなた
ささやきたいな 仙台の人

雨の今池 小さなスナック
一人ぼんやり しているあなた
ほろり涙が まつげにたまる
抱きしめたいな 名古屋の人

今にも空が 泣き出しそうな
道頓堀の 橋のたもとで
何を思案の こいさん一人
声かけたいな 大阪の人

泣いているのか 笑っているのか
那珂川ばたに たたずむあなた
ついてゆきたい あなたのあとを
ふりむかないで 博多の人

(補足)
はちがとんでる 平和の塔に
ちらりのぞいた 八重歯が光る
レモンのような 可愛いあなた
呼びかけたいな 広島の人

誰を待つのか 香林坊で
ふとほほえんだ あなたの瞳
春風みたいに 心にふれる
みつめてたいな 金沢の人

連絡船が 屋島をすぎて
風に黒髪 なびかせていた
ひとりぼっちの あなたはだあれ
並んでみたいな 高松の人

2011年12月16日金曜日

来宮 良子


来宮 良子(きのみや りょうこ、1931年7月10日 - )は、日本の女優、声優、ナレーター。東京俳優生活協同組合所属。東京都出身。本名は桜井 良子(さくらい りょうこ)。人物・概要 吹き替え作品の創生期より活躍するベテランであり、魅力的な低音の声が特徴である...(出典:NewsWatch)

【倉橋ヨエコ】「楯」【来宮 良子】





石川さゆり 演歌の花道
ウイスキーがお好きでしょ


吉幾/雪國

2011年12月14日水曜日

ふるさとはどこですか

ふるさとはどこですか
何故か泣けるんだよ!

2011年12月5日月曜日

しまい忘れ

何気に外を見ると犬一匹!
我が家の長老ではないか。
家に取り込んだと思ったら、しまい忘れていたみたいだ。

2011年11月4日金曜日

益子町陶器市

活気に圧倒されてきました。
アクセスの悪さを除けば今迄のイベント会場としては最高でした。



2011年10月30日日曜日

twitter

オレが夢見て投票して出来た民主党政権はこんな筈じゃなかった。
小沢一郎総理・田中康夫官房長官・鳩山由紀夫幹事長であったのだよ。
どこでどうなったのか、野田・・聞いてねぇ~よ!(爆)
https://twitter.com/#!/patrasche_dog/status/129872332004143104

2011年10月21日金曜日

2011年10月18日火曜日

陽だまり

老いを感じさせてくれる愛犬

2011年10月16日日曜日

ふく96日

90日を過ぎたので虫下しを投与。
回虫がどっさり出ました。
体重12kg

2011年10月14日金曜日

一眼レフ

一眼レフ(フィルム)をスキャナーして保存しているのだが綺麗に写ってる。



2011年10月8日土曜日

2011年9月24日土曜日

涌水池

ラブラドールの本能でしょうか。




2011年9月22日木曜日

我が家の最長老!15才になります。

三日三晩降り続けた雨が上がってホッとしたのだろうか。

2011年9月18日日曜日

暑い 黒いのは特に暑い

ふく71日目 体重9kg

2011年9月17日土曜日

賢犬

当家一のかしこ犬です!
Mariちゃん、5歳 メス。

2011年9月7日水曜日

ふく60日目

その時、ふくは、いつもの場所でうたた寝。





母親は逃亡、逃亡先はダイニングのキャバリアの昼寝場所。

2011年9月5日月曜日

2011年9月1日木曜日

おふく 54日目


9月1日

何をいらいらしてるのか。
朝に朝陽を夕に夕陽を眺め、穏やかに過ごしながら音楽を聞き、ゆったりと時間を過ごしているのだが。
鉄砲の弾が飛んでくるわけでもない、痴漢冤罪でしょっ引かれるような電車に乗ることも無い。

パソコンのメディアプレイヤーは昨日から五木ひろし。

Ray Charlesに変えてみよう。

2011年8月27日土曜日

推薦人名簿

前原誠司前外相の推薦人
 ▽衆院 古川元久〈5〉、渡辺周〈5〉、小宮山洋子〈4〉、細野豪志〈4〉、山井和則〈4〉、泉健太〈3〉、下条みつ〈3〉、高井美穂〈3〉、菊田真紀子〈3〉、小川淳也〈2〉、城井崇〈2〉、柚木道義〈2〉、阿知波吉信〈1〉、井戸正枝〈1〉、黒岩宇洋〈1〉、斉藤進〈1〉、高橋昭一〈1〉、仁木博文〈1〉、小原舞〈1〉

 ▽参院 小川勝也〈3〉、林久美子〈2〉、徳永久志〈1〉、中谷智司〈1〉、松浦大悟〈1〉


鹿野道彦農相の推薦人
 ▽衆院 大畠章宏〈7〉、池田元久〈6〉、小林興起〈5〉、末松義規〈5〉、筒井信隆〈5〉、石田勝之〈4〉、大島敦〈4〉、中山義活〈4〉、松崎公昭〈4〉、吉田公一〈4〉、楠田大蔵〈3〉、篠原孝〈3〉、田名部匡代〈3〉、佐々木隆博〈2〉、橋本清仁〈2〉、川村秀三郎〈1〉、小山展弘〈1〉、樋口俊一〈1〉、和嶋未希〈1〉

 ▽参院 白真勲〈2〉、前田武志〈2〉、増子輝彦〈2〉、大島九州男〈1〉、大野元裕〈1〉、舟山康江〈1

野田佳彦財務相の推薦人
 ▽衆院 藤村修〈6〉、荒井聰〈5〉、中川正春〈5〉、武正公一〈4〉、牧野聖修〈4〉、近藤洋介〈3〉、手塚仁雄〈3〉、松本大輔〈3〉、山口壮〈3〉、大串博志〈2〉、三谷光男〈2〉、森本哲生〈2〉、打越明司〈1〉、江端貴子〈1〉、岸本周平〈1〉、柴橋正直〈1〉、橋本博明〈1〉、花咲宏基〈1〉、森岡洋一郎〈1〉、森山浩行〈1〉、谷田川元〈1〉、山田良司〈1〉

▽参院 広田一〈2〉、蓮舫〈2〉、長浜博行〈1〉


海江田万里経済産業相の推薦人
 ▽衆院 赤松広隆〈7〉、小沢鋭仁〈6〉、東祥三〈5〉、川内博史〈5〉、原口一博〈5〉、松野頼久〈4〉、小宮山泰子〈3〉、中塚一宏〈3〉、山花郁夫〈3〉、糸川正晃〈2〉、辻恵〈2〉、中川治〈2〉、福田昭夫〈2〉、岡本英子〈1〉、奥野総一郎〈1〉、初鹿明博〈1〉

 ▽参院 小川敏夫〈3〉、桜井充〈3〉、尾立源幸〈2〉、佐藤公治〈1〉、武内則男〈1〉、谷亮子〈1〉、谷岡郁子〈1〉、藤田幸久〈1〉、安井美沙子〈1〉



馬淵澄夫前国土交通相の推薦人

 ▽衆院 滝実〈5〉、高山智司〈3〉、長安豊〈3〉、石井登志郎〈1〉、磯谷香代子〈1〉、大西健介〈1〉、櫛渕万里〈1〉、阪口直人〈1〉、杉本和巳〈1〉、高井崇志〈1〉、高野守〈1〉、高邑勉〈1〉、玉置公良〈1〉、福島伸享〈1〉、宮崎岳志〈1〉、吉川政重〈1〉

 ▽参院 ツルネン・マルテイ〈2〉、藤末健三〈2〉、前川清成〈2〉、横峯良郎〈1〉

2011年8月24日水曜日

2011年8月21日日曜日

電波権はタダで使わせるべきか、有償にすべきか。

週刊ポストの記事をまとめてみました。

テレビ局の「電波使用料」は売上高のわずか0.14%しかない本誌は総務省への情報公開請求によって、テレビ局が「公共の電波」を独占することでどれだけ荒稼ぎしているかを示す資料を入手した。

テレビ局は国(総務省)から電波の割り当て(放送免許)を受け、毎年、電波利用料を支払っている。下表はNHKや民放各社が国に支払っている「電波利用料」と売り上げを比較したものだ。

例えば、日本テレビが支払う電波利用料は年間わずか3億7600万円なのに対して、売上高はその738倍の2777億円。TBS、テレビ朝日、フジテレビなど他のキー局も電波を格安で仕入れ、その数百倍の収益をあげている。まさに「濡れ手で粟」の商売である。

【NHK】
電波利用料(A):14億8700万円
事業収入(B):6644億円
Bに占めるAの割合:0.22%

【日本テレビ】
電波利用料(A):3億7600万円
事業収入(B):2777億円
Bに占めるAの割合:0.14%

【テレビ朝日】
電波利用料(A):3億7000万円
事業収入(B):2209億円
Bに占めるAの割合:0.17%

【TBS】
電波利用料(A):3億8500万円
事業収入(B):2727億円
Bに占めるAの割合:0.14%

【テレビ東京】
電波利用料(A):3億6000万円
事業収入(B):1075億円
Bに占めるAの割合:0.33%

【フジテレビ】
電波利用料(A):3億5400万円
事業収入(B):1717億円
Bに占めるAの割合:0.21%

【その他、地方局計】
電波利用料(A):9億1251万円
事業収入(B):1兆2525億円
Bに占めるAの割合:0.07%

【全国128局計】
電波利用料(A):42億4641万円
事業収入(B):2兆9676億円
Bに占めるAの割合:0.14%

※週刊ポスト2010年11月12日号

地デジ化のため携帯1台につき年間250円払わされている政府が国有地2兆4000億円分を民間企業に無料で与えたとしたら、メディアはこぞって「国家的背任」と追及し、国民は怒りを沸騰させるに違いない。

 テレビ局はそれと同じことをしているわけだが、もちろん自分たちの「不当利得」は報道しない。しかし、いくら我慢強い国民でも、次のカラクリを知れば、黙っていられないはずだ。

 政府のテレビ局への利益供与によって生じた国の損失は、実は、国民が支払う携帯電話料金で穴埋めされていたのである。

 どういうことか。順を追って解明しよう。

 政府はこれまで巨額のカネを使って地デジ移行を進めてきた。テレビ放送の周波数帯が変わることから「アナ・アナ変換」と呼ばれる作業が必要になり、テレビ局の送信設備の対策や家庭のアンテナの向きを変えるといった作業に1600億円もの国費が投じられた。さらに本来、テレビ局が負担すべき中継局の整備費用の支援や相談センターの運営費などに2100億円が注ぎ込まれている。

 これには電波利用料が使われているが、前述のようにテレビ局の払う分は年間約42億円だから、まるで足りない。

 その穴埋めをさせられているのが、携帯電話会社の電波利用料なのである。

 総務省の2009年の調査によると、東京の携帯電話の通話料は1分当たりの料金換算で26.5円。ニューヨークの9.9円、ソウルの14.5円、ロンドンの17.3円と比べて高い水準にある。その原因の1つが、この携帯の電波利用料にある。

 全テレビ局の電波利用料は先に記したとおり年間約42億円、これに対して携帯電話会社(5社)が支払う電波利用料は、13倍の約545億円である。しかも、携帯の電波料はユーザーが持つ端末に対しても、1台ごとに年間250円が課金されている。

 携帯の料金明細には記載されていないが、通話料には国に払う高い電波料が含まれ、地デジ対策費に注ぎ込まれるという仕組みなのだ。

※週刊ポスト2010年11月12日号


 テレビ埼玉の電波利用料はワンルームマンションの家賃並み
 電波利用料は放送エリアの面積や受信世帯数ではなく、設置している電波中継器の数によって決められる。地方局はキー局よりさらに安い。

全国のテレビ局で電波利用料がもっとも低いのは「テレビ埼玉」で年間わずか約119万円(売り上げは約40億円)。月々約10万円という東京都内の少し広いワンルームマンションの家賃程度の料金で、埼玉県全域に電波を発信する権利を得ている。

※週刊ポスト2010年11月12日号



電波有効利用のための制度「電波オークション」の頓挫理由「電波オークション」を御存じだろうか? これは、現在テレビ局などが格安で利用している電波を競売にかけることで有効利用し、かつ、新規事業者にも電波を開放する制度である。2009年のマニフェストで民主党は電波オークションの導入を掲げていたが、今国会に提出される予定の電波法改正案から電波オークションは抜け落ちている。

 それにしても、閣議や政務三役の決定を経たはずが、なぜこんなにあっさり覆ってしまったのか。そこには、総務官僚たちの猛烈な反対があった。

 総務省は、電波を割り当てた事業者(テレビ局や携帯電話会社)から年間642.8億円(2009年度)の電波利用料を得ている。これは税金でないために財務省が行なう国民への再分配の対象とならず、しかも電波法で使用目的を制限しているため、総務省がすべて自らの裁量で使える。名目は一般会計だが、「事実上の特別会計」となってきた。

 その金は何に使われているのか。総務省が公表している電波利用料の使途の内訳を精査すると、すぐに明らかになる。

 地上デジタル放送への移行には、周波数変更に伴い「アナ・アナ変換」と呼ばれる作業が必要になる。この対策事業に、電波利用料からトータル1600億円が投じられている。これを独占的に受注したのは、社団法人・電波産業会。総務省の天下り団体の一つで、専務理事には旧郵政省電波研究所主任研究官が名を連ねている。

『新・電波利権』(アゴラブックス)の著者で経済学者の池田信夫氏はいう。

「総務省にとって電波利用料は、天下り先の特殊法人などにばらまき、所管企業にいるOBに便宜供与して、いうことを聞かせる逆賄賂の財源なのです。総務官僚はこの『隠れ特別会計』を取られたくなかった」

 ところが、電波オークションはこの仕組みをひっくり返す可能性を秘めている。民主党の情報通信議連メンバーとして電波オークションの導入を唱えてきた岸本周平・衆議院議員が解説する。

「電波オークションを導入すると、その収入は一般会計に入り財務省に取られることになる。総務省が自由に使えなくなる可能性が出てくるのです。また、オークションになると総務省が電波の割り当てを決め業者を選ぶという裁量権も失うことになる。総務省の役人からすれば、既得権益のためにオークションはどうしても阻止したかったのでしょう」

 また、別の民主党関係者は、「電波行政改革に熱心だった原口一博議員が総務大臣を辞めたのが大きかった。片山善博・現大臣は、旧自治省ラインで電波行政には明るくない。そこをついて総務省の役人が巻き返しを図ったのではないか」と推測する。

※週刊ポスト2011年2月18日号

テレビ局、格安で電波を使用し荒稼ぎ だが国民は損している週刊ポスト本誌は昨年末、テレビ局の電波利用料に関する資料を入手、その料金がいかに格安であるかを報じた(2010年11月12日号)。全国128局のテレビ局の事業収入が2兆9676億円にのぼるのに対し、電波利用料はわずか42億4641万円(数字はすべて2008年)。テレビ局がいかに格安で電波を使用し、それで荒稼ぎしているかがわかろう。また、携帯電話会社(5社)が支払う利用料が約545億円であることを考えても、テレビ局の優遇ぶりは際立っている。

 この優遇ぶりを是正するための制度として「電波オークション」構想を民主党は2009年のマニフェストに掲げた。これは、テレビ局などが格安で利用している電波を競売にかけることで有効利用し、かつ、新規事業者にも電波を開放する制度である。だが、この制度はいつの間にか棚上げされ、今国会に提出される予定の電波法改正案から抜け落ちている。

 というのも、電波オークションはテレビ局にとって「無料割り当て」と「格安利用料」という優遇制度を崩壊させる恐れがあったのだ。

 テレビ局は地デジ移行にあたっても、無料で電波帯を割り当てられた。その電波帯の価値を海外の事例をもとにGDP比で試算すると、総額2兆4000億円に相当するという(池田信夫著『新・電波利権』参照)。

 だが、電波オークションが広まっていけば、テレビの電波帯についてもオークションしろという声もあがってこよう。たとえテレビ局がオークションの適用から除外されたとしても、格安な電波利用料の問題がクローズアップされることになるのではないか。

 しかし、格安の電波利用料で稼いできたテレビ局が値上げにすんなり頷くはずがない。なるほど、総務省もテレビ局も、既得権益を守るために「電波オークション反対」で思惑が一致するわけだ。しかも、新規参入する事業者にとっても、オークションで初期費用が跳ね上がるのは避けたいところ。今回の「消えた電波オークション」は、官僚や企業は一切損しない仕組みになっていたのである。

 その代わり失われたのは、オークションによって得られるはずだった「公平な競争」と「多額な国庫収入」である。つまり、損したのは国民だ。

※週刊ポスト2011年2月18日号

電波有効利用のための制度「電波オークション」の頓挫理由「電波オークション」を御存じだろうか? これは、現在テレビ局などが格安で利用している電波を競売にかけることで有効利用し、かつ、新規事業者にも電波を開放する制度である。2009年のマニフェストで民主党は電波オークションの導入を掲げていたが、今国会に提出される予定の電波法改正案から電波オークションは抜け落ちている。

 それにしても、閣議や政務三役の決定を経たはずが、なぜこんなにあっさり覆ってしまったのか。そこには、総務官僚たちの猛烈な反対があった。

 総務省は、電波を割り当てた事業者(テレビ局や携帯電話会社)から年間642.8億円(2009年度)の電波利用料を得ている。これは税金でないために財務省が行なう国民への再分配の対象とならず、しかも電波法で使用目的を制限しているため、総務省がすべて自らの裁量で使える。名目は一般会計だが、「事実上の特別会計」となってきた。

 その金は何に使われているのか。総務省が公表している電波利用料の使途の内訳を精査すると、すぐに明らかになる。

 地上デジタル放送への移行には、周波数変更に伴い「アナ・アナ変換」と呼ばれる作業が必要になる。この対策事業に、電波利用料からトータル1600億円が投じられている。これを独占的に受注したのは、社団法人・電波産業会。総務省の天下り団体の一つで、専務理事には旧郵政省電波研究所主任研究官が名を連ねている。

『新・電波利権』(アゴラブックス)の著者で経済学者の池田信夫氏はいう。

「総務省にとって電波利用料は、天下り先の特殊法人などにばらまき、所管企業にいるOBに便宜供与して、いうことを聞かせる逆賄賂の財源なのです。総務官僚はこの『隠れ特別会計』を取られたくなかった」

 ところが、電波オークションはこの仕組みをひっくり返す可能性を秘めている。民主党の情報通信議連メンバーとして電波オークションの導入を唱えてきた岸本周平・衆議院議員が解説する。

「電波オークションを導入すると、その収入は一般会計に入り財務省に取られることになる。総務省が自由に使えなくなる可能性が出てくるのです。また、オークションになると総務省が電波の割り当てを決め業者を選ぶという裁量権も失うことになる。総務省の役人からすれば、既得権益のためにオークションはどうしても阻止したかったのでしょう」

 また、別の民主党関係者は、「電波行政改革に熱心だった原口一博議員が総務大臣を辞めたのが大きかった。片山善博・現大臣は、旧自治省ラインで電波行政には明るくない。そこをついて総務省の役人が巻き返しを図ったのではないか」と推測する。

※週刊ポスト2011年2月18日号

テレビ局 電波利権を激安で使って自社宣伝などやりたい放題新聞やテレビの大マスコミは小沢一郎・民主党元代表をとかく叩くが、その理由はどこにあるか? カギはテレビ局が持つ電波利権にある。

大マスコミの“飯のタネ”は、全国紙も地方紙も子会社にテレビ局を持っていることである。新聞はどこも部数が急落して青息吐息だが、テレビ局は違う。

なぜなら、国民資産であるはずの電波を「公益のためだから」という理屈でタダ同然で使用できる権利を政府から与えられ、それを使ってネットショップで物販はするわ、イベントやら付属施設やらを宣伝しまくって稼ぐわ、やりたい放題なのである。

小沢氏が代表だった時代、民主党は、この利権システムにメスを入れ、諸外国のように電波オークションを導入して適正な利用料を取ること、そして新聞・テレビの一体化を制限するクロスオーナーシップ規制を公約に掲げた。これもまた小沢叩きの動機であり、それを担当した原口一博・前総務相も、いつの間にかテレビから消えた。

菅内閣の代名詞は大増税だが、なんと「新聞代は無税」という法案を準備している。もちろん大マスコミのロビー活動の成果である。

※週刊ポスト2011年2月18日号

2011年8月17日水曜日

今日のおふく

生後39日目



鳩山氏応援に入る 2009年総選挙

熱気あふれる会場の模様です。熱い戦いでした。民主圧勝!
video

2011年8月15日月曜日

小沢一郎氏応援に入る! 2005年総選挙

第44回衆議院議員総選挙2005年(平成17年)9月11日
宮城3区 民主党候補 橋本清仁氏の応援に入るも郵政選挙の風に敗れる。

その後、4年間浪人生活を余儀なくされるが4年後、民主党旋風が吹き荒れる中、鳩山首相の下で勝利を納める。



2009年の鳩山氏の映像は後ほどUPします。

お盆に聞く歌・声 にっぽんのメロディー

「歌に思い出が寄り添い、思い出に歌は語りかけ、そのようにして歳月は静かに流れていきます。皆さんこんばんは、にっぽんのメロディー、中西龍でございます」

唄、森繁久彌 




唄、美空ひばり 


エンディング

2011年8月12日金曜日

氷雨 佳山明生



佳山明生はこの一曲で食っていける。
歌手ってのはいい。
印税も月/50万円くらいはあるんじゃないかな。
人生、何がいいって一番は印税暮らし!

この人も

2011年8月10日水曜日

大黒摩季  『ら・ら・ら』



こんなコメントが下にあったのを見つけた。
≪大黒摩季さんが被災地に行って、被災者とこれを生で歌ってくれた­のは最高でした。
今、フジテレビで見ました。≫

オレも観たかったな!

2011年8月3日水曜日

桂銀淑 - 酔っぱらっちゃった



「罪作り」がうまく言えないのがとても可愛い!

2011年7月1日金曜日

2011年6月21日火曜日

鳩山由紀夫と政治資金



wikiから抜粋









鳩山首相側から資金提供を受けた議員(単位万円) 「友愛政経懇話会」の政治資金収支報告書(07-08年)に基づく。
こんなもんじゃないのだろうと思うが・・。






2011年6月4日土曜日

鳩山由紀夫という男



菅をペテン師呼ばわりしている。

悔しいのだろう

情けないのだろう。

何より、盟友小沢氏たちのグループ衆参合わせて100人に申し訳ない気持ちで一杯なのだと思う。


だけど、もう良いよ。カメラの前では沈黙でいいよ。



国民の大半は全てを知った。



貴方に非はない。



後は「国民に任せる」の一言で良い。



「沈黙は金」

2011年5月26日木曜日

チャップリンの娘

喜劇王チャールズ・チャップリン(Charles Chaplin)の娘ジェラルディン・チャップリン(Geraldine Chaplin)
彼女のこぶしを突き出すガッツポーズがなんとも言えず大好きだ!

Les uns et les autres (1980) - le boléro de Ravel -


C・チャップリンの娘と孫が共演、映画『Imago mortis』フォトコール
今はこんな素敵なばあさんになった。
http://www.afpbb.com/article/entertainment/movie/2557672/3682824

2011年5月17日火曜日

豆力士

大相撲・五月技量審査場所 
我が家の土俵はキッチン!

2011年5月12日木曜日

西岡武夫と言う男


西岡氏は1936年、長崎市生まれ。
63年、27歳で衆院議員に初当選。
自民党や新自由クラブで活躍した後、小沢氏とともに新進党、自由党、民主党に所属した。
文相や自民党総務会長、新進党幹事長、自由党副党首などを歴任。
衆院11期、参院2期の大物議員だ。
昨年7月に参院議長に就任後、議長初の定例会見に踏み切り、菅首相らに対する舌鋒鋭い物言いは波紋を呼んでいる。

夕刊フジ 5月12日(木)17時34分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110512-00000008-ykf-soci
小沢よりも怖いゾ…西岡参院議長“菅潰し”へ超党派議連 

東日本大震災の復興財源に充てる増税に反対する、超党派の議員連盟が発足することが分かった。呼びかけ人は、西岡武夫参院議長(75)。一連の震災対応をはじめ、菅直人首相(64)の“場当たり・パフォーマンス政治”を一貫して批判しており、いまや、「菅首相が、小沢一郎元代表(68)以上に恐れる男」(民主党幹部)といわれている。

 「今回のような厳しい国難にあたり、総理大臣としての資格があるのかどうか、改めて疑わざるを得ない。災害に対して増税は反対だ。ただでさえ、日本経済はしばらく大変なことになる。いかなる形であれ、増税という発想が、どこから出てくるかわからない」

12日午後の定例会見。西岡氏は、菅首相の政治手法や増税論について酷評した。

 注目される議連の名称は「増税によらない復興財源を求める会」。11日に参院議長公邸で開いた打ち合わせ会には、西岡氏のほか、民主党の松原仁、自民党の中川秀直、公明党の遠山清彦、みんなの党の渡辺喜美、社民党の阿部知子、国民新党の亀井亜紀子の各氏らが出席。たちあがれ日本の平沼赳夫氏らも、メンバーに名を連ねている。

 近く、菅首相に突き付ける提言には「増税で復興財源を賄おうという案では、10年以上も続く日本経済へのダメージは計り知れず、経済を破壊しては復興もあり得ない」と明言。増税せずに震災国債を発行し、日銀が全額買いオペレーションすることなどを求める。

 三権の長である議長が呼びかけ人となって議連を立ち上げるのは極めて異例だが、西岡氏は並大抵の議長ではない。

西岡氏はまず、菅首相の外交政策を「作戦、展望を持っていない」と一喝し、民主党批判で知られた与謝野馨経済財政相の入閣には「総理大臣が不条理なことをした」。震災後に復興構想会議を立ち上げた際も「いくつ会議をつくれば気が済むのか」と批判した。

 現在、参院は野党が多数で、野党が菅首相の問責決議案を提出すれば可決される見込み。

 民主党関係者は「問責可決でも菅首相は法律的に辞める必要はないが、西岡氏は『院の決定は重い』として開会式のベルを押さないかもしれない。こうなると、菅首相は行き詰まる。菅首相は、西岡氏を最も恐れている」という。

西岡氏主導の、超党派議連の動きから目が離せそうにない。

プロフィールから抜け落ちている事がある。
彼には自殺未遂と言う経歴があるのだ。wiki等の公式ページからは削除されている。

いいとこのお坊ちゃんである事は間違いが無いが、自殺の動機は不明なのである。
75歳の年齢からして今期で引退だと思う。思いっきり日本を変えて欲しい。
応援してやまない政治家の一人だ。

2011年5月9日月曜日

菅に投票した議員

例の陸山会から出た軍資金で勝ち上がってきながら反旗を翻した→民主党衆院議員1期生の仁木博文・藤田憲彦・大西健介・斉藤進・橋本博明・森山浩行・高橋昭一・阿知波吉信・山尾志桜里・3期生の岡本充功・2期生の北神圭朗。
小沢氏が菅降ろしをした場合の態度が注目される。

2011年5月5日木曜日

日本版 久々のウィキリークス

Julian Assange



産経の記事から
何故か中央紙では産経しか詳細を語っていない。

「完全に外務省はアメリカだけを観ているという事だ」

http://sankei.jp.msn.com/world/news/110504/amr11050423190013-n1.htm

「訪中時の鳩山前首相発言は「日米に危機もたらす」 米、警告していた 
2011.5.4 23:12 (1/2ページ)
 【ワシントン=佐々木類】キャンベル米国務次官補(東アジア・太平洋担当)が2009年10月、鳩山由紀夫首相(当時)が中国を訪問した際に「日本は米国に依存し過ぎていた」と語ったことについて、民主党の長島昭久防衛政務官に対し「日米関係に危機をもたらす」と警告していたことが分かった。

 内部告発サイト「ウィキリークス」から米公電を入手した米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)が4日、東京発で報じた。

 キャンベル氏は「米政府が『日本より中国にもっと関心を向けたい』と公言したら、日本はどう反応するか想像してほしい」とも語っていた。

 同年10月15日の公電によると、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題に関し、名護市辺野古沖への移設を定めた日米合意の順守を求める米政府代表団に対し、日本側の1人は逆に、米領グアムに移設できないかを打診。これに対し、米側は「劇的に増大している中国の軍事力から日本を防衛するには、米軍が沖縄に駐留しなければならない」と“ぶっきらぼうに”答えた、としている。
また、同年12月10日の公電では、ルース駐日米大使が前原誠司国土交通相(当時)に対し、「鳩山氏がオバマ大統領に『トラスト・ミー(信頼して)』と言ったが、最後までやり通さないという問題もある」と指摘。前原氏は「最近の(ぎくしゃくした)日米関係を喜ぶのは、中国と北朝鮮の2カ国だけだ」と応じた。

 同年9月21日付の公電によると、斎木昭隆外務省アジア大洋州局長(現駐インド大使)は、キャンベル氏に「民主党は官僚を統制し米国に挑む大胆な外交政策を担っている」とのイメージを打ち出す必要を感じたと分析。「愚かだが彼らも(いずれ)学ぶだろう」と述べたという。





 菅直人首相は4日夜、「ウィキリークス」経由の米公電情報について「合法的ではない情報を発表していると理解しており、政府としてコメントすべきではない」と述べた。斎木インド大使も「コメントしない」としている。

2011年4月18日月曜日

タッチ

タッチ(岩崎良美)
1’55”に「青春はね こころのあざ」の歌詞がある。
あざで済めば儲けものだ。
ボクなんかは複雑骨折だったようなものだから(笑)
バックダンサーはたいしたもんだ。
踊りっぱなしでも息が上がらないんだからな。
若いって鍛えるって素晴らしい!

2011年4月14日木曜日

似顔絵ポスター

二見氏によれば似顔絵を貼り出す分には選挙違反にはならないらしい。
そこで早速、ネットで小沢氏の似顔絵を見つけた。
幾つかあったのだがこれにした。
数枚、コピーしたので近々、表通りに向けて貼る予定。

2011年4月11日月曜日

原発電力CMタレント 

今や悪の代名詞とまでなった原発推進者。その片棒を担いだ?

星野仙一氏


草野仁氏


岡江久美子氏


原子力発電所の女性たち

2011年4月2日土曜日

枕が好き

どういうわけか、ワンコは新しいタオルケットが好きです。
それはご主人様の枕なんですけどね!!

2011年4月1日金曜日

抱っこダッコ

甘える子は可愛い!!

2011年3月31日木曜日

新旧

交通量も少ない。
少ないはずだよ、給油待ちの車の長蛇の列。


2011年3月30日水曜日

お出かけ

いつもの事ながらお出かけは楽しい!!
しかし、ガソリン不足で買い物にも出られない。

2011年3月29日火曜日

奇跡

携帯が何事も無かったように復旧してくれた。

よかった!ヨカッタ!
喜びのあまり昼寝。

おやつを削られなくて済んだかな。





「何事かは分からんけどヨカッタ」
「ウン!!」

2011年3月28日月曜日

携帯電話が水没

ツレがトイレに買ったばかりの携帯を落としたとガックリしていた。
幸い他にも使っていない電話機があったのでチップを入れ替えて通話OK。
新しい携帯を買うとなると経済的に厳しい時節柄、食費を削らねばならぬと相談していたら、その話しを聞いていたワンコが寝込んでしまいました。

オレの食費は削るな!!

2011年3月27日日曜日

恋唄 少しやつれた姿に



「少しやつれた姿に 胸が痛んでならない」


2011年3月26日土曜日

ロンリ-ナイト.ロンリ-ウエト 



LONELY NIGHT LONELY WAY
もうこんなに来てしまった
LONELY NIGHT LONELY WAY
若い日は 遠いまぼろし

2011年3月21日月曜日

東北関東大地震

我が家の掛け時計が2011年3月11日 午後2時48分で止まっている。


今度の大地震で得たものは気象庁が如何に出鱈目な組織であるかと言う事だ。
マグニチュード算出の勝手な基準変更である。

以下、katsukoさんからの抜粋記事。

http://ameblo.jp/sannriku/entry-10835145300.html

2011-03-19 16:46:57
やはりマグニチュード9は責任逃れの嘘数字
テーマ:未分類
 たんぽぽ舎さんからのメール 地震学者島村さんの講演会の内容紹介だそうです

    ::::::::::::::::::::::::

今回のマグニチュード9.0というのは、気象庁がそもそも「マグニチュードのものさし」を勝手に変えてしまったから、こんな「前代未聞」の数字になったものだ。

 いままで気象庁が採用してきていた「気象庁マグニチュード」だと、いくら大きくても8.3か8.4どまり。それを私たち学者しか使っていない別のマグニチュード、「モーメント・マグニチュード」のスケールで「9.0」として発表したのだ。

 すべてのことを「想定外」に持っていこうという企み(あるいは高級な心理作戦)の一環であろう。

───────────────────────────────
「想定外」と思わせるための大陰謀  気象庁Mw発表の怪?

                        柳田真コメント

◆島村英紀さん(地震学者)の指摘(従来の気象庁MjならM8.3かM8.4)は今回の東日本大震災の報道を根本からひっくり返す重大事実です。気象庁がずっと使ってきている気象庁マグニチュードをなぜ「今回」「突然に」しかも「説明なし」で変えたのか?

◆それは、M8.4なら「想定内」であり(例えば浜岡原発はM8.4の東海地震に耐えると中部電力は公表している)、原発推進側全部(電力会社・政府・御用学者)が責任を問われるからだ。M8.4の地震のエネルギーは、M9.0の8分の1になる。

◆原発推進派と政府は、M9.0と発表することで「想定外」を強調し、あるいは「1000年に1度の地震」という言い方で責任逃れをはかっている。許せない!「世紀の大陰謀」だ。情報操作であり世論誘導だ。

◆広瀬隆さん(作家)も「想定すべき人災=想定内だ」と指摘している。

◆「従来の気象庁発表ならM8.4の事実」をキチンとひろめ、政府と電力業界の「想定外」(ゆえにやむを得なかった面がある)を追及しよう。

※注1:Mj…気象庁マグニチュード
※注2:Mw…モーメント・マグニチュード
※注3:地震のエネルギー総体を表すには、本来はMwがよい。ただ、それを心ある学者が要求しても気象庁が長年採用しなかった事実がある。

2011年3月8日火曜日

鳩山前総理のつぶやき

hatoyamayukio 総理在任中にようやく出来た記者会見のオープン化、今はどうなってんだろうか。昨日、あの上杉君と酒飲んだら、記者クラブ制度が残ってる国は、日本とジンバブエとガボンだけと言われた。そうそう、彼は身の安全を考えて自分で車を運転してきた。だから、彼は飲まなかった。

電車じゃなくて車で来たってのは面白い。
反体制にいる者にとって痴漢冤罪が怖いって事を上杉氏に教えられて、鳩山さんは初めて知ったのではないだろうか。

小沢氏秘書のように晴天の霹靂で突如、逮捕ってのもありの日本だから怖い。


ボクのお気に入りの一枚
政権交代劇の劇的選挙区で勝ち抜いた田中康夫氏(左が勝谷氏)
この時の燃え方は最高だった。


hatoyamayukio

2011年3月5日土曜日

そんな夕子に惚れました



河村シスターズの一員であり元秘書の佐藤夕子衆議院議員が離党願いを民主党岡田幹事長へ出した。
「こんな奴らと一緒にやってられねぇ~や」が本音だろう。
マニフェストは悉く破棄。国会の師と仰ぐ小沢氏の人権は踏みにじるはでは当然の成り行きだ。
ましてや、地元の親分の一大事に選挙応援も出来ないんでは人間として阿藤快ではないが「なんだかなぁ~」だろう。
潔さに拍手!!8888888・・・・。

2011年3月1日火曜日

民主党16人の離党も視野に

予算案採決で造反した民主党議員(時事)
 1日未明の衆院本会議で行われた2011年度予算案採決で造反した民主党議員16人は次の通り(敬称略、丸数字は当選回数)。
 高松和夫(1)(比例東北ブロック)▽菊池長右エ門(1)(同)▽川口浩(1)(比例北関東ブロック)▽石井章(1)(同)▽水野智彦(1)(比例南関東ブロック)▽石田三示(1)(同)▽相原史乃(1)(同)▽川島智太郎(1)(比例東京ブロック)▽渡辺浩一郎(2)(同)▽笠原多見子(1)(比例東海ブロック)▽三輪信昭(1)(同)▽小林正枝(1)(同)▽大山昌宏(1)(同)▽熊谷貞俊(1)(比例近畿ブロック)▽渡辺義彦(1)(同)▽豊田潤多郎(2)(同)

仮に彼らが離党した場合、3分の2ルールを使って関連法案を通す場合、絶対に外せない数字である。
如何に立派な法律であろうとも悪法であろうとも民主主義は数であるからだ。
彼らが離党に踏み切った場合のシミュレーションとして複数の政局が考えられる。
その一つとして民主党執行部に対して彼らが連立を条件に大臣職を要求する事。
16人の中から推薦する事もあるし民主党内部の小沢氏に近い議員を推薦する事もある。
いずれにしろ、16人の離党は内閣改造が必ず付いて回る事になる。

16人に拍手を送りたい。もはや菅内閣は死んだも同然である。

2011年2月28日月曜日

今日の雪にはこんな歌が聞きたくなる

ちあきなおみ  新宿情話


三畳一間で良かったらついておいでよ ぼくんちへ・・

人間、どこでも暮らせるもんだ、若いうちは・・

2011年2月15日火曜日

民主党執行部の馬鹿さ加減には参った!!

先の代表選で地方票300の結果が議員投票の前に密かに民主党事務局よりリークされた。
その結果、勝ち組に乗りたいと40数票が投票1時間前に菅へ乗り換えたと言う。
菅支持の石井選対がTV画面の前で黒い手帳を見ながら嬉しそうに語っていたのをボクは悔しくて忘れられない。
理念無き40数票であるがこれもまた、「民主主義」であると小沢さんは言うだろう。
ボクにそんな大きな度量は持ち合わせていない。
先の衆議院選挙で資金的に苦しくてどうしようもない候補者へ、党からの資金とは別に小沢氏の資金団体から500万円~200万円を選挙資金として応援した。
殆どの議員は代表選で小沢一郎と書いたが11人は相手の名前を書いた。
それはそれで仕方の無い事だと割り切っていたのだが、最近の執行部の小沢氏イジメを目の当たりにして、こいつら11人がとても許せなくなってきた。
未だに何の発信もしないのである。人間の皮を被った獣以下と思われる。

民主党衆院議員1期生の仁木博文・藤田憲彦・大西健介・斉藤進・橋本博明・森山浩行・高橋昭一・阿知波吉信・山尾志桜里・3期生の岡本充功・2期生の北神圭朗。
大西健介などは金の受け取りのいきさつをこう、話している。
小沢氏の秘書から電話があり、選挙資金の応援をしたいと申し出があったと言う。何か条件はあるのかとの問に「全くありません、ただ領収書だけは持ってきて下さい」と秘書。「それなら、遠慮なく貰う」と大西。
何ともドライであるが、あぶく銭じゃあるまいし、小沢さんのお金をなんだと思ってるのか。多少なりとも陸山会に献金している者としては小馬鹿にされたようで腹が立つ。

2011年2月13日日曜日

母の死

同居していた義母が2月8日に入院先で亡くなった。
93歳だった。
主治医によれば大往生であったと・・。

1月2日に階段から転落、意識朦朧としたまま救急車で運ばれそのまま入院。
家内は毎日のように病院通いでそれの半分くらいは付き合った。
ボクは患者の顔を観ると今日は良いとか今日は昨日と違うとか判断しながら、甲斐甲斐しく世話をする家内を横目に10分程度で病室を後にして休息所(歓談所・面会所)に向かう。

そこに用意されている図書箱からお目当ての本を探す。
ねじめ正一著の「悲しい恋愛」だ。

いつの日にか読み終えるものと思っていたが半分も読まずに終わった。
ボクにとっては本当に「悲しい死」となった。

2011年2月8日火曜日

あずま祥三が小沢氏を語る

いずれ、頭角を現してくる論客・逸材です。
先頭を走って突っ走ります!

あずま祥三「小沢一郎と民主党を語る」



あずま祥三「小沢一郎と暫定税率を語る」

2011年2月1日火曜日

陸山会事件:石川・大久保ルートは破綻した

日刊ゲンダイが世紀の大スクープ!!

水谷建設元会長
一億円裏金 ワケ分かりません
石川議員のイの字も知りません
大久保なんて会った事もない

2011年1月31日月曜日

国会にルビ

大馬鹿と罵った官僚にルビを打って貰いながらの答弁。
国会 こっかい 情けないな、完全に馬鹿にされている。

2011年1月19日水曜日

政倫審 親小沢氏メンバー



小沢氏の政策に同調して動く方々です。
安住なんかは川内氏からすれば下も下ですが頭を下げてお願いしています。
涙が出るほど嬉しい行動です。
石山氏は宮城4区選出の新人です。安住は宮城5区選出で隣町同士です。
石山氏は代表選では投票行動を最初から最後まで明示しませんでした。
あるいは菅に投票したかもしれませんが今はれっきとした親小沢氏です。
宮城3区の橋本清仁氏共々、応援したいと思います。
辻さん・三宅さん・橋本さん・平山さん・中野渡さん・道休さん応援します。
辻さんなんかは法務大臣を5年くらいやって徹底的に司法改革をして貰いたい。